2010年06月30日

樹木葬墓地として許可された場所

説明ペットなどの動物の葬儀によく見えるが、航空機事故などで遺体が散らばっている場合でも、この方法が持っている。従来は、墓石を買う余裕はない人々が墓碑を立てる代わりに木を植えることが多かった。では、樹齢数百年から数千年の木が樹木葬では、使用された。1999年に日本でも岩手県一関市の樹木葬墓地が登場。これは墓地をコンクリートなどの人工的に作成しないと、墓地にある山の環境を保つことができる発想から生まれた。 特徴散骨のようにどこでも好きな場所にするということではなく、墓地として許可された場所にしか遺骨を埋めることができないという欠点がある一方で、樹木葬墓地として指定された里山の成長効果があるとする。また、樹木葬墓地埋葬法に基づいているので散骨のように遺骨を細かく砕く必要がない。そのため、一般的な墓地と同様に、埋火葬許可証が必要です。 現在埋葬されている墓地で、樹木葬では、祭祀を変更する場合には、市区町村長の改葬許可が必要である。それ以外の場合は、処罰の対象となることができます。 イギリスでも最近の遺骨を埋め木を植えることは緑など、環境に卓越した効果があると樹木葬が話題になっている。 風葬(ふうそう)は、遺体を風にさらされるの風化を待っているの葬制。崖や洞窟、樹上で起こることができます。崖下墓として、石垣、宮古島に残っている。日本ではかつて、沖縄、奄美などで見ることができたが、現在では行われていない。
posted by tf2207 at 16:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。