2010年07月09日

病院から自宅、火葬場への搬送に使う車

バン型霊柩車 葬儀場で火葬場と墓地に遺体を運搬するために使用されるだけでなく、遺体を病院などでの家、自宅での葬儀の場に移動させるときにも使用されている。もっぱら後者の用途に使用されているものについては、霊柩車と呼んではなく"寝台車"、"搬送車"と呼ばれる。自宅での葬儀会場へ運搬する場合は、納棺を完了している場合も多いので、棺を積んでできるようになっている。ミニバンとステーションワゴンを改造して作成された、後部座席の半分ほど撤去して、遺体(ストレッチャー)を乗せる台が設けられている。また、病院などの参入を考えて装飾を施して、自家用乗用車やタクシー、ハイヤーとはナンバープレートの正面玄関の下の"限定"の表記のみの区別がないこともある。首都圏からの前面背面の"白地に緑の十字""東京寝台自動車株式会社"の寝台車が有名な(しかし、会社の車は健常者の輸送に使用)。車両検査証明書"車体の形状"の欄には、霊柩車の"霊柩車"について、「寝台車」となっている。また、 この4つのすべての棺を円滑に載せるためのレールとの棺を固定するためのストッパーが設けられている。 道路運送法では遺体は貨物に区分される。ほとんどの葬儀車の運転者、旅客輸送の二つの免許証の保持を義務運行会社があるが、霊柩車の運行は、旅客輸送の二つの免許証は必要とし、国土交通大臣並びに地域交通局長一般貨物自動車運送事業(霊きゅう限定)としての許可をを受けた事業者が一種免許を所持して運転者がこれらの企業の霊柩車を運転している。 二種免許を必要とする一般貨物自動車運送事業(霊きゅう限定)ではなく、葬儀関連事業である旅客事業(葬儀式典の火葬場に出棺にあたっての遺族や出席者を輸送する)を処理している企業に限られる。日本では緑地に白文字(事業用)8ナンバープレートがついている。 1つの自治体(市、区、郡)に霊柩車の保有台数の制限があり、霊柩車を保有し、事業者の新規参入が可能な空き枠が出ない限り難しい。また、霊柩車寝台車も自家用車(白ナンバー)登録の使用が可能、レンタカーで霊柩車寝台車を登録することは不可能である。
posted by tf2207 at 15:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。