2010年07月07日

現代の総合斎場は設備も充実

中世近現代になってから墓地などに恒久的な炉が併設され、そこで火葬をすることが多くなった。 火葬場は"焼き場""火屋"、"三昧""荼毘場"とした。都市の形成に応じて、数を増やして行ったが、京都では、秀吉廟の建築時に鳥辺野の火葬場の臭いが疎外される前のなさを、江戸では4代将軍徳川綱の上野寛永寺参詣時のにおいが配列になったから小塚原刑場付近に統合されるなど、結果を徐々に郊外に大規模化している(現在の東京博善町屋斎場は場所にその跡を残している。)。また、寺院が経営していることも多かった。 近現代 近代に至るまで、日本の葬送の儀式で火葬は、決して主流ではなかった。しかし、遺骨が圧縮ながら、携帯が可能に土葬のように、数年単位での墓地の世話をする必要がないの墓地の面積を節約することができるなどのメリットが徐々に浸透し、徐々に火葬が普及していった。高度経済成長期以降の人口の都市集中にも火葬負って以降では、火葬が主導したとしてもよい。 火葬の普及に伴い、墓地に関係なく、独立した火葬専門の施設が設置されている場合が多くなっている。 その火葬場は、主に各市町村の清掃衛生関連部門の運営や、複数の都市が1つの場所に集中して使用する行政機構の運営が多いのですが、一部民営・業務委託・半官半民(PFI)のような形で設置運営しているものもある。アメリカのサービスコーポレーションインターナショナルのような大規模な葬儀会社の一部門として統合されている場合もある。また、東京で他の地域の公営火葬場主流の東京博善(廣済堂グループ)という民間企業がほとんど火葬をしているという特徴がある。 構造 古代の火葬場(網走市八坂火葬場北海道網走市) 台車式火葬炉(土居斎苑 愛媛県四国中央市) 建物は、既存の状態で再燃炉のある火葬炉に更新された火葬場を見る 骨上げの様子初期のものは"三昧(さんまい)"と呼ばれる木と藁を燃料とするシンプルな火葬炉があるだけに、あるいは集落の集会場や火葬炉のような素朴な簡単なものだった。 最近建設される建物については、火葬炉と炉前ホールのほかに最後の別れを告別室骨上げを行う収骨室が備えられていることが多い。一部の大規模な火葬場は通夜葬儀のように式場と親族控え室、遺体冷蔵用の霊安室を併設しており、売埋葬や骨上げまで待合室で喫茶室設備が備わっている総合斎場することができます。
posted by tf2207 at 15:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。