2010年07月05日

価格破壊の波が葬祭業にも

大企業の経営者と同じ場合は、従業員や関連会社、取引先等の本人や家族の知り合いに関係なく、参列者が増えている。このような場合は、会社によって社葬が行われ、参列者の責任を取り、家族や親戚の内輪だけの葬儀に密葬に先立ち開催される場合が多い。政治家も同様である。 密葬小規模であるという点で、家族葬と混同しやすいが、家族葬は同義ではない。 葬儀は近親者が進展することが基本である。しかし、葬儀は短期間に大量の事務処理をこなさばならず、また、非常に頻度の低いイベントのために一般の方だけの実行には限界がある。だから葬式のサポートサービス業で、葬祭業がある。事業の免許はなく、誰でも始められる、遺体、宗教、関連法規など、様々な知識が要求される。 従事する人々の能力を審査するために、"葬儀ディレクター技能審査"が厚生労働省の承認の下に実施されている。設営、司会者、進行中の専門知識を必要とし、技術者としての技量を発揮すればよいの葬儀が行われる。また、霊柩車は特定の貨物輸送され、運送事業の許認可が必要である。 以前は、景気に左右されにくい業界でしたが、平成の時代になると、それまでの死をタブー視する風潮について、速やかに反省と検討の風潮が広がって、葬儀の形態が多様で、さらには景気低迷が長期化するにつれて、これまで不透明だと感じながら、葬儀業者の言うままに支払ってきた葬儀の費用も厳しい目が注が開始、永代供養価格破壊の波が産業に押され始めた。
posted by tf2207 at 17:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。