2010年06月30日

屋内霊園と呼ばれるマンション形式の納骨も

納骨堂(のうこつどう)は、遺骨を保管する建物である。納骨、霊堂もある。一般的に寺院の敷地に建っている。 内部は遺骨を保管するロッカーがあり、上に位牌を安置する仏壇がついているものもある。教団は、中央に本尊を安置している場合もある。 最近では、屋内霊園と呼ばれるマンション形式で設置するケースも増えており、都内では、日本最大となる9階建ての大規模なものもある 納骨堂利用方法は、遺骨を墓を建てるまで一時的に保管する場合と、墓地に埋葬せず永久的に保管する場合があり、仏壇がある納骨壇は主に、後者で使用されている。 公営によるもの 寺院内に設けられたもので、他の自治体により建立された納骨堂が存在している。設置されている基準は、地方自治体によって様々である一般的な特徴は、歴史的に寺院がない貧しい集落の厚生事業として確立されている例が、いわゆる同和地区に同和対策事業に設置されている場合などが多く見られる。多くの仏教形式であるが、自治体では、神道形式を提供している例もある。 日本では、墓地、埋葬等に関する法律第3条の規定により、原則として、死体(もしくは妊娠7カ月以上の胎児)は死後(または死産後)24時間は火葬してはならない(ただし、伝染病予防法に規定されている病気による死亡の場合は、この限りでない)。また、火葬をしている場合は、当該死体に関連して死亡届を受理、市町村長の許可が必要です(墓地、埋葬等に関する法律第5条)が許可を得ずに火葬する場合は、墓地、埋葬等に関する法律違反のほかに(「罰則」規定同法第21条)、刑法第190条"死体遺棄・死体損壊罪"に問われる可能性もある。 また、法律の土葬など、火葬の別の方法が禁止されているわけではないですが、その風習が残っている場所の居住者が行う場合を除いて、高い費用が非常に厳しいものとなってしまった。また、環境衛生面での管理で火葬を推進することを奨励し、特に東京と大阪では条例で土葬を禁止している。
posted by tf2207 at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。